自動改札通過時のPASMOによる防犯対策が行われる背景

自動改札を通る際にPASMOで防犯対策をする事ができます。まもレールというサービスがありますが、こちらはこどもがJR東日本の自動改札機を通過した際に保護者へ利用駅や通過時刻、チャージ残高のお知らせをしてくれるサービスです。電車を利用する子供達の保護者の方は違う駅で降りないか、いつもと同じ時間に乗降車しているか不安な事が多いかと思いますが、このサービスがあれば、メールでお知らせしてくれるので安心です。また、チャージ残高が少なくなっている事も分かるので、残高不足になるのを防ぐことができます。最寄駅に降車する時間も予測が出来るので、お迎えの時間など予定を立てる事が出来るため、降車後に一人で待たせる時間を最小限にする事ができます。また、まもレールのサービスはアプリによる通知も可能で、メールの通知とどちらかを選ぶ事ができます。

改札でPASMOを使う防犯効果とは

小学校入学を機に一人で学校に通う事となるので、電車通学をする場合、保護者の方の不安や心配は尽きません。携帯電話を持たせていても充電が切れてしまう事もありGPSで確認できなくなるのでこちらも不安です。電車通学をする子供であれば、PASMOのまもレールのサービスを利用する事で、通知が届き連絡漏れを防ぐ事ができ防犯となります。中高生の子供の場合、一人で電車に乗る事での心配は少ないものの、携帯電話での連絡がなかなか取りにくくなってしまいます。友達との時間を大切にしたい気持ちから親への連絡がストレスとなる事も多く、保護者側も連絡がない事にイライラしてしまい衝突する事が増えてしまいますが、まもレールのサービスなら改札を出入りする時に通知が来るので、束縛感などなく程よい距離で見守る事ができます。この頃には塾や買い物などで頻繁に電車を利用しますので、干渉し過ぎない方法としてオススメです。

PASMOOを利用した防犯対策として改札以外での利用方法はどのようなものがあるのか

小学生頃から塾に一人で通うようになったり、電車に乗る機会が一気に増えてきます。そんな時に役立つのがPASMOを利用した見守りサービスですが、電車の乗降車以外での利用方法をご紹介します。使用イメージは改札を通る時のカードタッチと変わりありませんが、学校や塾、学童などの入退室の際にカードリーダーにタッチさせて保護者の方に通過情報をメールするサービスです。電車を利用し通う時など、駅までは通知が来るけれどその後塾に行っているのか分からないなどの不安もある為、塾でも入退室の通知サービスがあれば保護者の方も安心できます。また、緊急時の一斉メールや保護者会の案内などのメール配信にも利用できるので、保護者の方も連絡漏れがなく安心できます。他にもマンションなどのエントランスにカードリーダーがあり、帰宅した事を知らせてくれるシステムを導入しているマンションもあり防犯となります。